95年11月「みんなのまにきゅあ」レコーディングレポ by maimai


1995.11.3  いつもの麻布のスタジオで、13:00スタート。  最初はB.K.O.クンの録音だったので、わしは14:40頃スタジオ入り。  ファーファの作詞の奥山氏とkemp.さんと一緒。  時系列で書いていくけど、時間はアバウトざんす。 13:00  トップバッターは、「ズキーン」(トルバドールレコード)に入る  B.K.O.クンの曲の録音。甘い声で熱唱してたです。  べかおくんは、にこやかで折り目の正しい人という印象です。  べかおくんは、録音が終わったら仕事をやりに帰っていきました。 18:00  「3倍頑張るファーファ」、2番までのフルコーラスを録音。  今回は、CMじゃないのでセリフなしなのだ。  でも、ささえもんのコーラスが入っているのだ。  で、あ、というまに終わる。  べかおくんのリキの入った録音に比べて、気の抜けた録音で、  奥山氏は苦笑しつつ、あきれて帰っていきました。 19:30(?)  新曲「いじめないで〜淋しいくらげ〜」。  93年ぐらいに「ぷあぷあ」パート2のつもりで作った曲。  当時はこんな艶っぽく(?)仕上がるなんて夢にも思わなかった。  さすが団長アレンジ。ちょっと新境地な感じです。 21:00  新曲「パパを訪ねて三千米」。さまんの曲だ。  歌のおねーさん的な歌い方をしました。  けっこう疲れたのもあって時間がかかってしまいました。  とりあえず、ボーカル録音後、ampmのお弁当をたべる。  男性コーラスが不足し、なおかつハモリなので難儀する。  ライブでお客さん、ちゃんとハモってくれるかなあ?  みんなちゃんと学習してね! 翌2:00  なんだかんだとしゃべりつつ、本日は終了〜。お疲れさまでした。  あやちゃんカーは、バッテリーがあがってて大変だったらしい。  さまんカーにチャージしてもらって無事帰れたらしいが。  maimaiはシータクで深夜帰宅。疲れたにょ〜。
1995.11.4 13:00  maimaiは、薬局でマスクを買っていて5分ほどおくれる。         先客のフィリピーナ(?)のおねーちゃんのレジを待った分だ。  マスクは、スタジオ内が乾燥していて喉がいたくなるので自衛策なのだ。  ちなみに、レコーディング中、わしは一人で健康サンダルを愛用していたのだ。  でも、今思い出したがあそこのスタジオの時計はちょっと早いのだ!  だから、きっと時間通りだったに違いない。  そして、めが団長とあやちんはもくもくとすたんばっている。  ちなみに、佐々木マンは、鼻血で遅れてくるとか。なぜ鼻血。  今日の最初は「こぶたのゴルビー」。あやちゃん曲だ。  今日は喉の調子がいい。朝からマッサージ行って、風呂に入った効果がでたのだ!  なんだか優雅だよな。朝からマッサージ。近所の接骨院で800円。いい感じ。  苦手系の歌の割には、すんなり終わる。  めが団長に途中の軽いビブラートをほめられる。  が、自分ではビブラートをかけているつもりがないので驚く。 「え? ビブラートかかってるの?」 「うん」 「……意識するとできなくなるからそれ以上いわないで……」 「じゃあいわない」  ビブラートは意識してもできないので、今後とも意識しないままできるといいな。  でも、あとでこっそり「ここはビブラートかかってるね」って教えてね。  「あーこれがビブラートなのかー」って自分の声を研究するから(笑)  もちろん、意図してやれるのがベストだ。 15:00  カバー「コンピューターおばあちゃん」。  未公開だけど一度録音しているので気が楽だったです。  しかも、そんときよりもいいものができたー(^^)  聞き所は、間奏の鼻歌かにょ?(笑) 17:00  新曲「夏休みの宿題」。  子供歌い方炸裂。音のはずし方が自分では気持ちいい(笑)  みんなも気持ち良くなってね。聞き所はひろちゃんとえばちゃんの会話(笑)。 19:00  新曲「やまのて」。  そろそろおなかが空いて、今晩のお弁当を気にしながら録音。  さまんもkemp.さんも来てくれたし、男性コーラスを録音。みんな、覚えてね。  わしゃ、この曲がアルバム一番のお気に入りなのだ。 21:00  新曲「カラフル・コックローチ」。お弁当が届いたので食べてからにする?  と聞かれたが、自分のパートは歌ってから食事にすることに。  やっぱ、食べ物がかかっていると、録音も早い。  さくっと録り終わって、みんなでお弁当をいただく。  こんなにキッチリ晩飯の時間をとるのは珍しい。  食べ始めた頃、電磁くん登場。  食事後、セピアパートを録音。これまたみんなで覚えてね。 23:00  新曲「忘れない」。電磁曲。  maimai超苦手系の歌。やー時間がかかりました。すんません。  あっという間に時間が流れていくのだ。気が遠くなりそうだった。  考えてみれば今日6曲目なわけで、ちょっと疲れが出た感じ。  でも、おかげでいいできな気がします。めが団長フォローありがとお(;_;)  みんな、ぐっときてくれ。 翌3:00  今日のレコーディングは終了〜お疲れさま。  14時間もこもって録音するのはけっこう体力勝負かも。  ともあれ、14時間で6曲やれてよかったよかった。ノルマ達成な感じ。  電磁君はじてんこで帰るのだ。かっくいい。
1995.11.5 13:00  まずはガネーシアの曲。  そして、ま団の「いっぱいのこれたち」のオケに入れるギターから。  ギターはガネーシアの(本人曰くエポックの)さすけが弾いてくれたのだ。 16:30  maimaiとkemp.さんがスタジオ入り。  この時点でめが団長、あやちん、電磁くん、さまん、それから  さまんの知り合いのライターの古田氏とガネーシアのたくみくんが来ていた。  をを、今日は大所帯だ。男性コーラス不足は今日は解消されたようだ。  たくみくんは寝てないとかで眠そうだった。でも、コーラス録りはばっちり。  寝てなくてあんなに声でるのは若さ故か。うらやましい。  ちなみにわしはこの日もマッサージをしてきたのだ。  それから、急に寒くなって着るものが無かったので (実は洗濯物がたまっている説濃厚)洋服を買って着てきたのだが、電磁君に 「どうしたんですかmaimaiさん、今日はかわいい格好ですね」といわれる。  着る服が無かったから買ったと言うのもしゃくなので 「やーね、電磁君に見せるためよ(は〜と!)」っていったら 「なーに言ってんですか」とがっくりしていた……。  ガネちゃんずにも「いいなあ」と言われたが、この日来ていた服は  すべて近所の1,000円SHOPで買ったので、  スパッツスカート上着セーター合わせても4,000円なのだ。 17:00  新曲「いっぱいのこれたち」。ライブでは何度かやってるよね。  この曲は、わしが猫屋というバンドで歌ってたときの曲なのだ。  そんなわけで、これまた気楽に録音。  さすけっちに渡したデモテープ、テープ速度が変わってたみたいで  Fで練習したのに実はEだったという……どうもわしのミスみたい。  さすけっち、すまん。ごめん。ゆるちて(;_;)  今度、Fのギターソロ、こっそり聞かせてね(笑) 18:00  ガネーシアのミミ到着。それから、Hzの秋元きつね氏も到着。  きつね氏が来たときは、「いっぱいのこれたち」録音中で、  いきなり間奏のギター&マウスギターのバトル中だったので  そうとう度肝を抜かれたことに違いない。ちょっと恥ずかしくなる。  その後、いるメンバー全員でいっぱいいっぱいコーラス(笑)  大勢いると、それだけで迫力が違う! というわけで、これたちの  聞き所は、ギターとマウスギターのバトル(笑)と、大所帯のコーラス(笑) 19:00  ガネーシア録音開始。  前回の録音に比べてものすごく上達していた。若いと練習成果も(以下略)。  聞き所は「わたし最高のラヴマシーんっ」ってとこかな(笑) 21:30  新曲「いもむし」。  なんか、わしは一番思い入れのある曲かもしれない。むふ。  屈強な男たちが和太鼓を叩きながら「はっ」とかかけ声をかける。  なぜかそんなビジョンが浮かび、  合いの手は、わしの希望どおり男性のみで。  これがけっこうド迫力で、うれしかった(^^)  でも、ブース内温度は一気にあがり、男性陣は全員腹筋を痛くしていました。  聞き所は、団長アレンジ。 22:30  「ぷあぷあ」。シングルのときよりちっとはうまくなったかの。  さくさくさく。あ、なんか今日は晩御飯食べてないなあ。 24:00  録り終わったものをテープにダビングする。  めがちんは机につっぷしてダウン。  ほとんど寝ないでこの3日間ずーっと働き詰めでした、お疲れさま。 翌1:00  解散。さすけっちはきつねっちカーで送ってもらえてるんるん。  ガネちゃんズは渋谷までmaimaiとシータクにのる。  その後、夜の町に消えていった。タクシーのおじさんが心配していた。 おっつかれさまでしたーっ

maimai@panic.or.jp